So-net無料ブログ作成

そんなにいらない [その他]

ついに、ついに本の手帳特別付録豆本の
作成が終わりました~\(^o^)/バンザイ!!

CIMG4719.JPGざっくざく

これを限定五十部プラスアルファ作ったんだよなあ。

サイン.jpgコツコツ

最後の一冊にサインと印をおして
袋にしまってシールをしたときの感慨深さ(-。-)シミジミ
明けない夜はない、止まない雨はない
終わらない豆仕事はない!!ですね

My HipstaPrint 0.jpgお菓子セット

自分用に作った数冊のうちから一冊ずつ、
応援してくれた母と義理の母に送りました。

ちょうどバレンタインデーだったので、
お菓子つきです。(^-^)

ここに至るまでにはさまざまな困難や
失敗や失敗や失敗がありましたが 
『にゃん藝春秋』 『電話考』『デカメロン』
の三冊に共通でやった一番多い失敗
それは「表紙と本文を逆につける」です

表紙付けは、工程の終盤なのでこれはイタイ(>_<)

CIMG4768.JPG雉虎堂シール

栞先生のところに納品に行った折に、
上下逆さに表紙がついたのを一冊持って行って
「製本教室に来る生徒さんに、
こういう間違いはしないようにっていう
悪いお手本に使ってください」って渡したら

「先日もおんなじこと言って
     一つ置いていったわよ」

う~ん、失敗を忘れるから、成長しないんじゃないのかな。

「悪いお手本は、そんなには、いらない」と猫社長。

見上げ.jpgめっ

はい、気をつけます(^^ゞ 

ちなみに、上下逆が発覚したにゃん藝春秋を
先生はヘラ一本で表紙をはがし、
再び貼り直して見事に再生!
すごい職人技でした(ё_ё;)

さて、これでいよいよ新作に取り掛かれるぞ~
え、4月に試験?ん~( ̄ー ̄)聞こえないなあ

 

<メールアートトークセッション> 

去る2月12日
ナカムラさんのブログで
ナカムラさんとときたまさんの
メールアートのトークセッションがあると知り
参加してまいりました。

ナカムラさんのメールアートについての
レクチャーは私にとって貴重な情報の塊でした

私が20代のころから
なんとなく大好きな二人のアーティスト
ナム・ジュン・パイクとヨーゼフ・ボイスが
どちらもフルクサスという運動に
かかわっていたということ

そのフルクサスがメールアートの
母体であることなども
改めて知りました。(ё_ё;)

アンデパンダンで、
中心も終焉もない緩やかなネットワーク
それ自体がアートっていうメールアートの
考え方は、超カッコイイと思います。

主催者であるときたまさんの言葉たちも
ぷちぷちしていてイキがいい!

何とも密度の濃い時間を過ごすことができました
ナカムラさん、ときたまさんありがとうございました。


nice!(20)  コメント(18) 
共通テーマ:アート

nice! 20

コメント 18

ぼんぼちぼちぼち

袋にしまってシールをしたときの感慨深さ・・・
分野は違えど モノを創ってきた人間として 大きく頷いてしまいやした(◎o◎)b
by ぼんぼちぼちぼち (2011-02-15 21:39) 

Inatimy

目の前で見ちゃうと、失敗しても、へっちゃらなように、
ヘラ一本で表紙をはがす職人技を身につけたいなぁ・・・って思いますよね~♪
ヨーゼフ・ボイスは、ドイツのいくつかのミュージアムで作品を見ましたが、
はたから見ると、どうして、これがここに?みたいな、芸術家のこだわりがあって、
不思議~な世界だったなぁ。
by Inatimy (2011-02-16 01:13) 

montblanc

落丁、乱丁なんてのがありますが、こういうのはなんとおっしゃるのでしょう?
プレミアもの?私はそんな本を手にするとちょっとうれしかったり^^
鳥獣戯画もはがし技のようですね!
by montblanc (2011-02-16 05:48) 

TSUYO

完成おめでとうww
ツイッターで、青月堂さんとお知り合いになりました。
豆本ファン仲間の知り合いが一人増えて、うれしいです♪

by TSUYO (2011-02-16 06:26) 

momoring

完成おめっとさんでーす゚・:*:・。(=゚ω゚)ノ才×〒"├ヽ(゚ω゚=)。・:*:・゚
&お疲れ様でした~。
肩でも揉んで差し上げたい気分です( ̄m ̄〃)

そうそう、何だって始まれば終わる、のですよね~^^
そう思わなければやっていけない。・゚(゚⊃ω⊂゚)゚・。
by momoring (2011-02-16 07:33) 

marimo

お疲れ様でした~(^^
またまた盛りだくさんなセットが完成しましたね♪
さすが特別付録にふさわしい完成度でございますよ♡
by marimo (2011-02-16 09:29) 

ナカムラ

メールアート・トークセッションへのご参加ありがとうございました。やっと生雉虎堂さまに接することができ、とてもうれしかったです。

私の知り合いにニューヨークにいったときにはナム・ジュン・パイクのところにとまり、ドイツではボイスと親しくしていたという恐ろしい人がいます。私と年代は同級生。私もパイクにCM用のムービングロゴを依頼するかどうか悩んだことがありました。パイクが競合他社の支援を受けることになったので、あきらめましたが。

いやー、あいかわらず雉虎堂さまの豆本は凄い。ウィットに富んだ中身が凄い。小さくするだけじゃないのが。私も手作りの小さなアーティストブックを作っていますが、本当に手作りは時間も根気も必要ですからね。お疲れ様でした。
by ナカムラ (2011-02-16 10:41) 

nachic

逆さになったのも、練習のひとつと思えば、楽しい、、ワケない
ですかしら。ほほ。
オーブンに入れた後、入れるはずの材料が残っていた、、みたいな
感じですね。修正できれば、すべてよし、、ということで☆
長い工程、お疲れ様でした!(;^ω^A

by nachic (2011-02-16 12:07) 

リュカ

作成お疲れ様でした!
袋に入れるとき、達成感と感慨深さと
いろんな気持ちがわき出るんだろうなと想像しました。

by リュカ (2011-02-16 21:06) 

雉虎堂

ぼんぼちぼちぼちさま

はい、長い道のりでした!
by 雉虎堂 (2011-02-16 21:28) 

雉虎堂

☆Inatimyさま
ボイスといえば、コヨーテ!
一緒に暮させられた(?)コヨーテの
「おっちゃん誰~?」っという
イノセントな顔が忘れられません( ^^)
by 雉虎堂 (2011-02-16 21:33) 

雉虎堂

☆montblancさま
あ、分かります!
最近市販されている本には
ほとんど乱丁本落丁本がないので
見つかるとちょっと嬉しかったりします(^^ゞ
by 雉虎堂 (2011-02-16 21:35) 

藤丸

いやぁ~お疲れ様でした。
すごいなぁ。すごいなぁ。
私もなにかこう、がんばりたい!と思いましたデス。
by 藤丸 (2011-02-16 22:07) 

雉虎堂

☆TSUYOさま
あ、青月堂さんもツイッターなさってるんですね
早速探してみます(^^

☆momoringさま
そうそう、どんなつらいことだって
始まりがあれば終わりも必ずあるんです!

でも、終わるとまた始まるんですよね(T_T)


☆marimoさま
質より量の特別付録です(^^ゞ

☆ナカムラさま
おほめの言葉ありがとうございます(^-^)
頂いたお名刺のアドレスにメールを送ったのですが
届きましたでしょうか(^^ゞ

☆nachicさま
(ё_ё;)ええっ
オーブンに入れた後、材料が残っていたなんてことが
あるんですか?!
nachicさんもうっかり村にいらしたことが有るんですね
一気に親近感を持ってしまいました(^m^
ま、あ私はうっかり村永久名誉村民ですけど(^^ゞ



☆リュカさま
よくやったなあと言う達成感70%
もう作んなくていいんだという開放感20%
何やってんだかなあという自分自身へのあきれ10%
……ってところでしょうか(^^ゞ

by 雉虎堂 (2011-02-16 22:12) 

雉虎堂

☆藤丸さま

えええええ(ё_ё;)お仕事しながら、
鼓、仕事、映画、音楽
JAXAウォッチまで
ものすごく頑張ってるぢゃないですか(゚Д゚;)

時には何もかも投げ出してやすも~!
また、豆送りますね♪
by 雉虎堂 (2011-02-16 22:15) 

青月堂

お疲れ様でした。
とてもクオリティーが高くすばらしいですね。
むふふっと笑える雉虎堂さんの豆本が大好きです。

フォローありがとうございます。
TSUYOさんもフォローさせていただきました。
これからもよろしくお願いしま~す。
by 青月堂 (2011-02-17 21:37) 

アヨアン・イゴカー

50セット、よく作られましたね。
私もプリンターを買って、自家製本を、何冊か限定で作って、親兄弟に配ろうかとちょっとだけ計画しています。表紙だけちょっと厚紙にして、表紙にはこんな絵を、挿絵にはこんなものを・・・あぁ、夢が広がりますなぁ。
by アヨアン・イゴカー (2011-02-17 22:58) 

田中栞

限定版制作、お疲れ様でした。
ご注文いただきました皆様、ありがとうございます。

ようやく発送も一段落し、次なる企画に悪知恵を巡らせております。
雉虎堂さんの豆本で、何かまた楽しいことができたらなあー、
と、私は考えるだけなので色々な目論見のアイディアが
湧いてきます。

どうせ作るのは私じゃないしというのが正直なところで、
いやほんとに、同じもの50冊×4種とか私は絶対できないと
思いますので、こうして作る作業は他人まかせです。
だからこそ楽しい版元稼業です。

ただし、版元の責任として(?)、修正はして差し上げます。
また機会がありましたらぜひ。

なお、限定版の残部はあとわずか数部です。ご希望の方はどうぞ
お早めにご注文下さいませ……。
by 田中栞 (2011-02-27 06:42) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。